リフォームを出雲市でするならアイディーワークにご相談ください!

出雲市でリフォーム会社をお探しでしたら愛情溢れるリフォーム専門店アイディーワークへお任せください。

 0120-920-088

初めての方でもお気軽にご相談ください!

スタッフ全員笑顔で対応します!

受付時間 : 9:00~18:00(日祝祭日は除く)

出雲市で一番笑顔が集まるリフォーム工務店!

〒693-0011 島根県出雲市大津町454−1
宅地建物取引業免許 島根県知事(1)第1306号

不動産情報はこちら「出雲市でマンション・中古住宅・土地を探すならERA LIXIL不動産ショップ 有限会社アイディーワーク」

スタッフブログ

【スタッフブログ】SOFAのお話し

2020年11月2日

アイディーワークイラスト 3こんにちは、ブログ担当の原です。

以前のブログでは椅子について書きましたが、今回はソファーについて書いていきたいと思います。

 

そもそもはソファーの発祥の起源は18世紀の「フランス」とされており、当時の王侯貴族がゆったりと会話を楽しむために広まったとされています。「室内でも靴を履きっぱなし」という事が当たり前だった西洋人にとって、ソファーは靴を履きながらもくつろげる限られたスペースだったのでしょうね。

戦後、日本でも人々の暮らしが西洋化していく中で「応接間」という空間が広まっていきます。玄関から入ってその脇に設けられる事の多い応接間は、大切なお客様をお通しする場として対面する様にソファが置かれました。その後、応接間を設ける家は少なくなり、今ではリビングルームという自分達がくつろぐ場所にソファーが用いられる様になっていきました。
最近では日本人のライフスタイルにマッチした「ローソファー」という座布団とソファーのハイブリッドタイプまで出現しています。

身の回りの家具の歴史を見ていくのも楽しいですよね。

 

 

家具にこだわりのある僕が、特におすすめなものをピックアップしてみました。

 

LC3/cassina

建築家コルビジェ、シャルロットべリアンの代表作。奥行ある座面サイズとローライズの背もたれながら、ゆったりと長時間座っていられるソファです。

 

Kチェア-2シータ/karimoku60

50年以上前から変わらないデザイン。名前はチェアですが、僕の中ではソファ。大人2人ゆったり座れるサイズですが、ソファとしてはコンパクトなボリューム。素材、カラーバリエーションのセンスも楽しめ、素敵です。

BrunoMathsson series/天童木工

日本人の生活スタイル、「床座」に考慮し提案された「マットソン×天童木工」。畳の上で使用しても畳にソファの脚跡が残りにくい、嬉しい構造。1p、2pと使用方法、レイアウトともに可変できるソファです。

FK sofa3/Truck Funiture

無骨なデザイン、懐かしい雰囲気のコーデュロイ生地、柔らかいクッションと座り心地。創業から変わらない、作り手の思いとこだわりがつまった、made in truckのベストセラー。

TODAY IS A GOOD DAY

GE258/GETAMA

主観ですが、スカンジナビアンの雰囲気、ディティールは好きです。ウェグナーの描く線はもっと好きです。。。

昼間寝れるのなら、なおさらです。

 

(※ウェグナー…デンマークの家具デザイナー)

今もなお、その形状やデザインなど求めるものも多様化していっています。実際に座り心地を試し、お部屋にぴったりのソファーを見つけてくださいね!

-スタッフブログ

Copyright© リフォームを出雲市でするならアイディーワークにご相談ください! , 2021 All Rights Reserved.